ぷにぷに女子の素晴らしさ教育委員会

埋もれたい

当方ぽっちゃり出会い系好きの24歳、男です。
私のぽっちゃりさんと恋愛をしたときの話、絶対に言ってはいけない禁句等を書かせていただきたいと思います。

 

私が恋をしたのは学生時代にしていた派遣の仕事で先輩、顔は中の上コミュ能も高く、ただ一般の人から見れば少し太っているかなという方でした。
私自身はあまり気にならない程度でむしろ「埋もれたい」願望も強かったので(笑)、お付き合いしている時ももよくお腹などをつねったりとすき放題していたのですが、本人からすればかなり嫌だった模様です。

 

殊更、体系の話、体系をもてあそぶ行動等は付き合って仲良くなったからと言っても絶対に避けましょう。
しかし、これが夜の生活になると逆のときもあります。

 

夜の生活ではお互い包み隠すものも無く否応無く裸一貫になります。
そのため、軽い言葉責めなどは内容を濃くするためには有効な場合があります。

 

ぽっちゃりさんは私の経験上ドMが多いです。
相手の尊厳を傷つけることなく優しく攻めてあげましょう。

スーパーで会計をしていたら、後ろのレジの方から大きな声が聞こえてきました。
「お箸は必要ですか?」
「何だって?」
「お箸は、必要ですか?」
「何だって?耳が悪いから、聞こえないよ」
とお婆ちゃんの声。
店員さんなんとか頑張りお箸は要らないことが分かったみたいですが、今度は
「レジ袋はいりますか?」
「何だって?」
また始まりました。
店員さん頑張ってください。と思いつつ、なんだか後ろに志村けんさんがいるみたいで、ちょっと笑ってしまいました。
それにしても、おばあちゃん
あれだけ耳が遠いと、スーパーへの行き帰りの道も車の音とか聞こえないだろうから大丈夫なのか、心配になってしまいました。

母は93歳の高齢で、歩行が困難になり介護保健施設に入所していました。
その母が高熱を出し、CTや尿検査や血液検査の結果、憩室炎と腎盂炎の疑いがあるとして、緊急入院しました。
高齢で、体に負担の掛かる精密検査もできず、絶食して抗生物質の点滴を受ける処置だけで様子を見ています。
最初の2日ほどは、熱のせいで苦しい様で、声を掛けてもうなずく程度の反応でした。
1週間経った昨日、兄弟で順番に行っている昼間の付き添いに行くと、しっかりと声を出し返事をしてくれるようになり、予断はできませんが、一安心だと感じました。
今日の付き添い当番の兄夫婦から電話があり、元気になったのは良いのだけれど、足に付けられた点滴を何度も抜き、とうとうミトンを嵌めて抜かない工夫をされたとの事です。
超高齢になり、幼児に戻ったように、言い聞かせても聞き分けません。大変ですが、それも元気になってきた証だろうと思っています。

主婦の中に一人でお昼ご飯を食べる方は多いのではないでしょうか?

 

子供が幼稚園や保育園、または学校に通ってる。
まだ子供がいない、もしくは妊娠中。

 

そんな主婦の方はお昼ご飯ってどうしているのでしょうか?

 

私もそれに近い一人で、週3日のパート以外は家にいます。
しかし、料理が苦手なこともあり一人分の食事を作るのが億劫で、インスタントやレトルト食品についつい手が伸びてしまします。

 

また、一人で外食出来るタイプなので外で食べたりもします。

 

一般的にはやはり一人分でも作られるのでしょうか?
それとも多めに作っておいたご飯を温めて食べるとか?

 

もうすぐ出産を控えているため、家で一人でご飯を食べる時間が増えそうです・・・
やはり、苦手な料理を頑張ってするべきなのでしょうね・・・汗

 

頑張らなくては。笑

私は、幼少期からぽっちゃり女子が大好きです。
だいたい好きになる子はぽっちゃりタイプが好きで、昔では女性グループ「わらべ」のたまえちゃん(高橋真美)が好きで、ピンクの電話、柳原可奈子と好みのタイプが遷移してきています。
ぽっちゃり女子の安定感、エロさ、優しさが好きなのです。
逆に、細くて華奢な女性は、少し苦手です。
ぽっちゃり女子が最近ブームになっているようで、最近では、ぽっちゃりさん専用の雑誌があるようです。
買ったことはないのですが、やはり一定の比率でぽっちゃりさん好きな男性はいるようです。
恋愛の対象として、ぽっちゃり以外の人とは考えられません。
ちょっとかわいいぽっちゃりさんと恋愛関係になろうとすると、競争倍率が高いという気がしてなりません。
太っている人は少なくないのに、ぽっちゃりでかわいい人は意外と少ないような気がするのです。
これからの時代、ぽっちゃり体系の人が人気であるということは、まだまだ継続すると思います。
かわいくてぽっちゃりの人と出会いたいと、切に願います。

今まではそんなにぽっちゃりさんを好きになったことがありません。
しかし、会社の同僚のぽっちゃりした女性を一目見た瞬間に恋に落ちてしまいました。
真ん丸とした顔で、眩いばかりの素敵な笑顔。
遠くから見ているだけでも癒されていましたが、何とかお付き合いがしたいと思いデートに誘ってみようと考えました。

 

誰もいないところで、ドキドキしながら誘ってみるとあっさりとオーケーとの返事。
素敵な夜景が見える評判のいいレストランを予約して、彼女と初めてのデートに出掛けました。

 

向かい合って席に座ると、改めて彼女の可愛らしさに気付かされます。
少し照れた感じも、私の心をくすぐります。